シースリー(C3) 超光速全身脱毛1回目

シースリー(C3) 超光速全身脱毛1回目

TOP » 脱毛体験レポート » シースリー » シースリー(C3) 超光速全身脱毛1回目

シースリー(C3) 超光速全身脱毛体験談!施術1回目

無料カウンセリング施術1回目施術1回目後日談施術2回目施術2回目後日談

こんにちは。生まれて初めての全身脱毛でドキドキの志穂です。

季節は秋……来年の夏までにムダ毛を無くすにはぴったりの時期!

シースリー 超光速全身脱毛

今日は待ちに待ったシースリー(C3)での施術日!記念すべき脱毛1回目はカウンセリングの時と同じ梅田店での施術です。

駅から距離が少しあるので余裕を持って出ると、またしても予約時間より早めに到着(´・ω・`)

シースリー 看板

予約時間より10分早かったのですが、外も寒いのでビルの中に入っていきます。

ドキドキ!シースリー(C3)へ突入!

エレベーターが開いた瞬間に、店内に設置してあるテレビの映像が目に飛び込んできました。

これは……私が前回わからなかったローマの休日では!?今度はちょうど【オードリー・ヘップバーン】の文字が出ている瞬間だったので理解できました\(^o^)/

シースリー 受付

多分前と同じ映画だと思うんですが……誰かオードリー・ヘップバーン好きな人がいるのかな?(゜o゜)

映画をチラ見しつつ、受付で予約していたことを伝えます。

時間より早かったので『ちょっとは待たされるかな?』と思ったけど、スタッフさんはすぐに施術室に案内してくれました(*^^*)

私の部屋よりも広いシースリー(C3)の施術室!

そして初めて入った施術室はすごく広かったです!その上完全個室!

シースリー 施術室

茶色をベースカラーにした落ち着いた雰囲気のある8畳くらいの部屋。

他のサロンのようにカーテンで仕切っていたりや、壁の上の方は吹き抜け……というものではありません。

『店舗が駅から遠いのは、施術室を広くしたかったからなのかな?』と勝手に好意的に捉えてしまいました(笑)

部屋の中に更衣スペース?荷物置き場?らしき場所もあり、そこにガウンと新品の紙パンツが置いてあります。

シースリー 施術室内部

スタッフさんは「ガウンはボタンがある方を前に、紙ショーツは細い方が前になるようにお願いします」と言い残して退室。

ガウンに着替えて紙パンツを履こうと広げたら……な、なんと……!!すごく小さい!(笑)

シースリー 紙パンツ

ミュゼの紙パンツしか知らなかった私にはやや衝撃的でした!

ミュゼはピンクのデカパン(笑)なのですが、それと比べるとあまりにも小さい……!

しかしVIO脱毛経験のある私。この紙パンツは施術が始まるとほぼ無意味、ということを知っています……ので、気にせず装着!(#^^#)

わりとゆっくりと着替え終わりましたが、スタッフさんが来る気配も無く、呼び出し用のベルも無いので手持ち無沙汰です……(^_^;)

ミュゼだと着替えが始まって5分くらいでスタッフさんがやってくるので、その感覚に慣れていると時間を持て余します(笑)

シースリー 店舗内

そしてカウンセリングに来たときも思っていたのですが、シースリー(C3)は本当に静かです……。私達の前にもお客さんがいたのですが、その人達の声も一切聞こえません。

特にすることも無いし、スタッフさんが来る気配も無いので、備え付けの鏡で剃り残しのチェック!

『VIOに剃り残しがあるかな?』とは思いましたが、ちゃんとシェーバーを持参してきたので、申し訳ないけどスタッフさんにお願いすることにします。(-人-;)

シースリー シェーバー

あと、VIOは近くのトイレのウォシュレットで洗ってから、自前のウエットティッシュでしっかりと念入りに拭いてきました。

気持よく施術を受けるためには、お客さん側も多少は意識をする必要がある、と私は勝手に思っています(`・ω・´)

下半身の剃り残しチェックをし始めようか悩んでいると、スタッフさんが入ってきたので施術ベッドに上がります。

いざ!施術開始!

スタッフさんの自己紹介をしてもらって、仰向けに寝るように言われます。

赤みがある部分があるかどうかを聞かれたのですが、特に思いあたる節も無いので「大丈夫です!」と自信満々に答えました(^o^)

そのあと「二人体制での施術で大丈夫ですか?」と聞かれたので、ちょっと恥ずかしい気持ちはあったけど承諾しました。

シースリー 顔脱毛

施術の流れは体の前面からで、まず顔。ヘアバンドを装着され、目と眉毛にコットンを乗せられて、おそらく医療用のテープで目が隠れるように固定されます。

……なのですが、この目を保護している段階でもう一人スタッフさんが入ってきます。

自己紹介もされるのですが、当然見えません(笑)

あとから入ってきたスタッフさんが剃り残しチェックやほくろの保護、ジェルを塗り伸ばしていきます。

シースリー シェービング

最初に顔を合わせたスタッフさんが、照射、ジェルの拭き取り、保護した部分のシール取り、保湿ケアをしていく……という感じです。

正直、施術されている側もパニックで何がなにやらです(笑)

なので、部位ごとの脱毛レポート、順番が間違ってるかもしれません……(T_T)が、頑張ったので参考にして下さい。

まずは体の前面から!

顔と首周り
コットンで目隠しをされたあとだったのですが、ふと『あれ?化粧は落とさなくて良いの?』と思っていると、すかさずスタッフさんに「本日お化粧はされていますか?」と聞かれました。

もちろん化粧していたのですが、そんなにすっぴんに見えたんだろうか……?とちょっと気になるところ(笑)

たぶんどのお客さんにも聞いてるんだとは思います。

そして化粧を濡れたコットンで優しく拭き取られます。なんとなくエステな気分で気持ち良いです(*´ω`*)

「もみあげや生え際は自然な形に整えてよろしいですか?」と聞かれたので快諾。どれくらいが自然な形かがわからないのでお任せしてしまいました。

顔のシェービングチェックをされたあと、ジェルを塗っていざ照射!

目と眉毛以外はほとんど照射されました!痛みも無くて少し熱いかな?ってくらいです。

強いて言うなら目をしっかりと閉じていないとめちゃくちゃ眩しい(笑)

首周りは喉~鎖骨あたりまでを照射されました。

お恥ずかしい話ですが私、喉にフサフサの毛が生えているので、この部分も脱毛してくれてちょっと嬉しくなりました。

いつもT字カミソリを使っているので切る心配はめったに無いんですが、喉にカミソリ当てるのって怖いんですよね……(´;ω;`)

顔の毛に比べると毛が太いからか、首の脱毛は少し熱さを感じましたが、まったく痛みはありませんでした。

お腹、胸
お腹と胸、乳輪周りはほぼ同時に施術されました。

痛み自体はほとんど無かったのですが、この部分はこの部分でめちゃくちゃ大変……。

何故かというと、シェービングも施術もすごいくすぐったい!(-.-;)

シェービングに始まり、ジェルを塗るとき、高速脱毛器をコロコロと回されているとき、ジェルをヘラですくい取るとき……。

危うく笑い出してしまうところだったので、お腹に力を入れて踏ん張っていました(笑)

かなりスピーディに施術されるので、くすぐったがりの人には少ししんどいかもしれませんね。^^;ずっとくすぐったいのが続きます……w

Vライン
私、今回はVIOを自分で念入りに拭き取りをして脱毛に来たのですが、正解でした。シースリー(C3)には、ウエットティッシュ的なものが一切ない。

シースリーのVラインはいわゆるトライアングル部分も含む脱毛。ミュゼのVライン脱毛は本当に下着のラインからはみ出る範囲の脱毛だったので、センターの脱毛は未体験です。

アンダーヘアのデザインなんてよくわからない私はとりあえず全剃りで挑んで、全照射でお願いしました。

ちなみにVラインの脱毛ですが、顔や胸、お腹のようにコロコロと転がすような照射ではありませんでした。

照射口を少しずつずらして別の部分に照射していく……という従来の脱毛方法と同じです。

ただ、機械自体は連続照射ができるものなので、パッパッパッとかなりスムーズに施術されます。

話を施術中に戻しますが、ジェルを塗られたあとに「少しお痛みが強くなる部分です。痛かったらすぐに仰ってくださいね」と言われます。

『えっ……そんなに……?』と動揺している最中に照射が開始!

1、2発目の照射はギリギリ耐えられたのですが……。

3発目に思わず「痛い!」と声を上げる私。

すぐにスタッフさんが「我慢できそうですか?」と聞いてくれたので「ちょっと無理です」と即答してしまいました……。

『ミュゼのときはほとんど痛くなかったのに……』と改めて感じて、照射レベルを下げてもらいます。

それでもまだちょっと痛かったのですが、なんとか堪えました。照射回数はVライン全部で24回程度かな?という感じです。

それにしてもお店ごとに痛みがこんなに違うってことは、効果も違うのでしょうか?ミュゼとシースリー(C3)。どっちが効果が高いのか楽しみ!

うでの内側
腕の内側は特に痛みもなくササッと終わりました。肘の内側、関節のあたりだけ少し熱いかな?と感じたくらいです。

シースリー 腕脱毛

あまりにも無痛なので、ついもう一人のスタッフさんが私の足に保護シールを貼っている方向に意識が逸れていました。

そんなに綺麗な足じゃないから、スタッフさんが一生懸命保護シールを貼っていましたね……w

Iライン
Iラインの脱毛もVラインのときと同じ、ずらしながら照射していく従来のスタイル。

そしてVが痛かったので覚悟はしていましたが、IラインはVよりも痛いです!

1発目の光照射で耐え切れなくなり照射レベルを下げてもらったのですが、レベルを下げてもらってもまだ痛い……(T_T)

スタッフさんに無理を言ってちょっとだけ待ってもらい、心の準備(笑)

何回か深呼吸をして気持ちを整えて、意を決して「続きをしてください」とお願いして、なんとか照射が完了。

片側で16回程度ずつ照射されたと思います。

このIライン、今回施術してもらった脱毛の中で一番痛かった部分。でも、粘膜近くは痛いと聞いていたので仕方ないですね。


脇もVIと同じで、照射口を少しずつずらしながら一回ずつ照射していく方法です。

VIの脱毛に比べるとまだマシでしたが、脇のくぼみのあたりにさしかかると「痛っ!」と声が出ます……。

くぼみのあたりは毛が密集している部分だからか、痛くても当たり前か。

シースリー わき脱毛

VIに比べると一回一回の刺激はそれほどではないのですが、短い感覚で連続して照射されると『熱い』がすぐに『痛い』に変わってくるんです……。

少しだけ休ませてもらってから照射を再開。こっちは照射レベルは下げずに頑張りました。

足(太もも、ふくらはぎ、足の甲)の前面
足は腕と同じで片足ずつ、別の部分の脱毛を挟んでの施術でした。

左足は特に何もなかったのですが、なぜか右足だけが滅茶苦茶痛くて『なんで!?』って思ってると「乾燥気味ですので、保湿をしっかりとしてくださいねー」と優しく言われました。

そう言われてみると季節に合わないさっぱり系のボディケアばっかりしてるかも……。

足の甲の脱毛は全然痛くなかったです。

と、いうものの、シースリーでの脱毛をする前に毛抜きで足の指毛を抜いてしまっているんですよね……。

足の指の毛って結構しっかりしてますが、痛くなかったということは毛抜きを使ったことで、反応する毛が無かったせいかもしれません……。

足が終わると体の前側の脱毛は終わりです。今度はうつ伏せになるように言われて、おでこのあたりにタオルを敷いてもらいます。

続いて体の裏面の脱毛!

襟足(うなじ)
まずはヘアバンドで髪の毛を上げる。

もみあげの時と同じで、こちらもスタッフさんに自然な形にシェービングしてもらいました。

もみあげはともかく、襟足(うなじ)を自分で綺麗な形にしようと思ったら難しいですしね^^;

そしてこちらも医療用テープらしいもので、生え際の髪の毛を保護してもらい、コロコロッと照射を開始。

やっぱり産毛だからか痛みはほとんどありませんでした。ほんのり暖かさを感じるくらいです。

Oライン
やってきました最後の激痛部位……。

VIを施術された後だったので、絶対痛いのはわかってるし、正直恐怖でビクビクでした……。

V、I、脇がそうであったように、Oラインも一部分ずつの照射です。

どうやら毛が固い部分は照射口を少しずつずらして照射していく、という方法を取るみたいです。

照射されて……照射一発目で「あっ!痛い!」と声を上げてしまいました……。

Oラインもまたレベルを下げてもらって照射。レベルを下げてもらってもまだ痛かったけど、なんとか我慢できるレベルではありました。

照射回数は20回くらい?だったと思います。

腰、背中、肩
こちらも痛みはほとんどありません。むしろ温かさも感じなかったかも……?

ただ、この部分もまたぞぞぞぞ~っとしたくすぐったい感覚が。

どうしても脇腹のあたりをヘラが通過していくのでくすぐったくて仕方なかったです。

さらに、体の前面を照射されたあとだし、背中までジェルを塗られて照射されると、どうしても体が冷えてきます。

照射後にタオルをかけてもらったのですが、背中に乗せられただけ、という感じなので、脇あたりは冷えたまんまでした(>_<)

腕の外側、手の甲
手の甲が上になるように、ベッドに手を置かれます。

指を閉じるように言われて、指と指の間にも脱毛器を差し込まれて照射されました。

ミュゼのときは指毛が生えている部分にのみ照射されただけだったので、ちょっと驚き(@_@)細かいところまで脱毛してくれるっていいです!

シースリー うで脱毛

腕は手首や肘の骨部分が少しチクッとしたくらいで、特別に痛い!という感じではありませんでした。少し熱っぽく感じたくらいですね(^_^)

お尻
腰の骨に近い部分がちょっと熱いかも?と感じたくらいで痛みはありませんでした。

ただジェルが冷たいので、どちらかというとそっちの方が気になる感じです……。

施術した部位に保湿ローションのようなものを塗ってもらえるんですが、それが乾くまでに体が冷える。

夏ならいい感じなんでしょうね。

足(太もも、ふくらはぎ)の裏面
前面を施術したときは、右足だけがやたらと痛かった足の脱毛。

少しドキドキしながら施術を受けると……あれ?全然痛くない!

いや、ちょっとくらいは痛いんですけど、それは骨に近い足首や膝小僧の真横あたりにチクッとした感覚があるだけ!

痛みのレベルとしては全然許容範囲内!我慢するほどの痛みでもありませんでした(・∀・)

あっという間に施術終了!

足のジェルを拭き取りされながら「ではこれで施術終了です」と声をかけられて、頭にかけられていたタオルを外されます。

そしてすぐに「お着替えが終わりましたら受付までお越しください」と言われて、スタッフさんは退室していきました。

もう一人、施術をしてくれた人は既に退室していたようです。最初から最後まで顔を見ることなく終わりました……w

着替えてからスマホで時間を見ると、予約時間から1時間くらい経ったあとでした。

スタッフ2人体制だと、一時間程度で本当に全身の脱毛ができちゃうんですね!

ミュゼで脇、VIO、乳輪周り、手の甲を施術したときは一時間かかったというのに……!

シースリー 高速脱毛器

二人体制、っていうのも大きいとは思いますが、やはり連続照射ができる脱毛器ってすごいんだなぁ、と思いました。

脱毛はどうしても痛いやら寒いやら多少のストレスがありますが、1時間くらいなら我慢できそうですよね(*^^*)

施術もかなりスピーディに進んでいくし、施術後もすぐに着替えさせてくれます。一度契約してしまえば脱毛し放題なので、勧誘トークなんかもありませんでした。

シースリーでの脱毛を終えて!

照射自体はすごく丁寧で、脇とVIOはコロコロと転がす脱毛ではなく、従来の脱毛器のような【照射口を少しずつスライドさせて照射していく】という形。

正直言うと、脱毛サロンの痛みを舐めてました……。ミュゼの痛みを基準にするとビックリします。

何回も「痛い!」って言ってしまったのですが、スタッフさんは「大丈夫ですか?」と声をかけてくれて、その優しさが染みるやら申し訳ないやら……。

シースリー 高速マシン

照射回数はすごく多くて、片脇だけでも40回近くは照射してもらいました。

ミュゼに比べると2倍以上多い照射回数ですね。

ただ照射回数が多ければ良い、というものでもありませんが、なんかちょっとお得な気分にはなりますね(^o^)♪

接客は全体的にあっさり目な雰囲気を感じました。ですが、施術中の声かけはかなりこまめにしてくれているので、そんなに気にはなりません。

ジェルの拭き取り後も「気持ち悪いところや拭き残しは無いですか?」とどの部分でもきちんと聞いてくれます。

ですが、必要最低限以外の会話はほとんど無く、とにかくスピード重視の印象です。

スタッフさんとの雑談とか和気あいあいを求めている人には少し物足りないかもしれませんね。私はこのさっぱり感が好き(´ω` )

どうでも良いですが、施術が終わった帰り道、知らないうちに体に力が入っていたのか、全身が筋肉痛のように痛かったです(笑)

施術の痛みはかなり強かったですが、この痛さが効果に繋がると信じて……!

とりあえず一週間、ワキ毛を生やしっぱなしにしてみようと思います\(^o^)/

たくさん抜けることを期待して……来週が楽しみです!(*´ω`*)♪